アイコン

クラウド名刺管理ソフトの導入・活用事例

営業業務

異動や退職時、後任者へ漏れなく重要情報等を引継ぎたい

営業担当者が長い時間をかけて築きあげてきた営業活動のノウハウやテクニック、お得意先様の知識を社内で共有することは重要です。

『名刺活用販促支援サービス 名刺de商売繁盛』を活用すれば、お得意先様の情報や営業情報の履歴を名刺に紐づけて残すことができますので、情報の引き継ぎを簡単に行うことができます。

名刺の基本情報とあわせて後任者へ引継ぎを行うことで、商談履歴や人物情報もきちんと引き継ぐことで、引継ぎ業務の短縮や引継ぎ内容の漏れを軽減することができ、進行中の商談を逃す、お得意先様が離れるとった引継ぎ漏れによる機会損失も防ぐことができます。

業務の引き継ぎには時間と手間がかかるものです。『名刺活用販促支援サービス 名刺de商売繁盛』を活用して業務の引き継ぎが簡単にできます。

悩み

・業務引継ぎ時、今までの商談履歴の効率よく引き継がれないため、営業の知識やノウハウが会社に蓄積されていなかった。

・引継ぎの漏れがあり、優良見込みの問合せを放置したり進行中の商談が途切れたりなどの機会損失や、顧客とのトラブルが発生していた。

効果

■今まで登録していた名刺情報や商談履歴をそのまま後任者に引き継げ、会社の資産である営業の知識やノウハウがナレッジとして蓄積されるようになった。

■画面上上でカンタンに引継ぎ作業ができるので、漏れがなくなり商談の安定継続や顧客とのトラブルを防止できた。

利用する機能

解決方法

手順1:「名刺検索」から情報を登録したい名刺を検索する

まずは名刺に付帯情報を登録する名刺を検索します。『名刺活用販促支援サービス 名刺de商売繁盛』では会社名や氏名はもちろん、電話番号や住所で検索することができます。

手順2:名刺の詳細情報を開き情報を付加、商談履歴や時系列メモを登録する

『名刺活用販促支援サービス 名刺de商売繁盛』では、付帯情報としてメモやリスト名、共通タグなどを登録することができます。フリー項目で企業ごとに入力する項目を指定して管理することもできます。さらに、商談履歴などを関係者で共有できる「コンタクト」や、時系列の個人用メモを登録できる「タイムラインメモ」機能で情報をもれなく登録できます。

手順3:引継ぎしたい名刺、ユーザーを指定し、情報を引き継ぐ

引き継ぎ作業自体はほんの数ステップで完了します。引き継ぎしたい名刺を画面上で選択し、引き継ぎたいユーザーを選択するだけです。名刺情報に紐付いている、コンタクトやタイムラインメモ、タグ情報やフリー項目の情報もあわせて引き継ぐことができます。

名刺情報はもちろん、きっかけや業種、商談履歴や個人的なメモまで、営業活動で培ったノウハウをそのまま引き継ぐことができます。

クラウド名刺管理ソフトへのお問い合わせ

ヤマトシステム開発株式会社 ITオペレーティングカンパニー

0120-728-116
(平日9:00~17:00)

ヤマトシステム開発のサービスへの資料請求

全国サポート対応

今すぐTEL

クラウド名刺管理ソフトのフォームへ

ページの先頭へ