アイコン

クラウド名刺管理ソフトの導入・活用事例

営業活動

組織人脈を活用した戦略的な営業を行いたい

組織人脈を活用した営業を行いたい

社員が交換した名刺を会社で共有することで、『社内の誰が「どの会社」の「どの部署」の「誰」とつながっているか』を見える化することができ、社内人脈を活用した戦略的な営業アプローチが可能となります。アプローチしたい企業のキーマンと面識のある社員を簡単に見つけ出し、紹介営業により効率的な営業を実現できます。
キーマンに接触できずなかなか商談が進まない、アプローチ先が自社のどの部署とつながっているか分からない、などのお悩みを解決できます。社外・社内の組織の見える化で既存資産である名刺をフル活用した戦略的な営業活動を実現します。

悩み

・新規顧客の獲得が思うようにできず苦戦しており、商談数が伸び悩んでいる。

・購入した企業データでテレアポを行っても、キーマンにたどり着けず、商談につながらない。

効果

■交換した名刺を会社で共有し、社内の人脈を活用することで、キーマンとのアポイントをより高い確率で獲得できるようになる。

■過去に失注し連絡が途絶えていた企業とつながりを復活させることで、さらなるビジネスチャンスの拡大が期待できます。

社員の人脈を活用することで、キーマンとのアポを高い確率で獲得。

利用する機能

解決方法

手順1:社員が名刺de商売繁盛に名刺を登録。オペレーターモードで名刺をスキャンするだけでデータベースが完成。

『名刺活用販促支援サービス 名刺de商売繁盛』に名刺を登録します。名刺の登録方法には『セルフモード』と『オペレーターモード』があります。『オペレーターモード』で行えば、名刺のデジタル化は専任の日本人オペレーターが入力いたしますので、名刺をスキャンするだけで高精度な名刺データーベースが完成いたします。

手順2:「全社員の名刺」+「業種」+「都道府県/住所」で検索し、アプローチ企業を抽出。

『名刺活用販促支援サービス 名刺de商売繁盛』の検索機能を使い、アプローチ先となる企業を抽出します。『名刺活用販促支援サービス 名刺de商売繁盛』では、名刺情報に業種情報を付加できますので、より細かいセグメントが可能となります。さらに、『名刺活用販促支援サービス 名刺de商売繁盛』には「フリー項目」機能も備えております。社内の顧客コードや受注年月日、失注要因など、社内の他のシステムが持つ情報を付加できます。

手順3:手順2で特定したアプローチ先候補を「組織・人脈一覧」で検索。

アプローチ先の候補が特定できたら、「組織・人脈一覧」の機能を使って、『社内の誰が「どの会社」の「どの部署」の「誰」とつながっているか』を見える化します。一覧は組織ごとにまとめられており、アプローチしたい方の役職も自動表示いたします。

手順4:人脈一覧から「ターゲット部署」+「キーマン(役職)」を見つけ、紹介を依頼

『名刺活用販促支援サービス 名刺de商売繁盛』の「組織・人脈一覧」ではアプローチ先の組織・人脈図はもちろん、キーマンと名刺を交換し関係のある社内の担当者を特定できます。「誰が」「いつ」交換したかが一目で分かりますので、商談の進み具合が滞った時に使える、非常に便利な機能です。

社員の人脈を活用することで、キーマンとのアポを高い確率で獲得。

クラウド名刺管理ソフトへのお問い合わせ

ヤマトシステム開発株式会社 ITオペレーティングカンパニー

0120-728-116
(平日9:00~17:00)

ヤマトシステム開発のサービスへの資料請求

全国サポート対応

今すぐTEL

クラウド名刺管理ソフトのフォームへ

ページの先頭へ